MENU

プエラリッチローズには副作用の心配はありません

プエラリッチローズは、口コミでも評判の高いバストケアジェルです。バストに自信を持てなかった人もハリと弾力のある魅力的なバストに変身できると大好評で、あの通販サイト大手の楽天市場でリアルタイムランキング1位を獲得するほどの人気なんです。

 

その人気の秘密は、プエラリアミリフィカというタイのマメ科の植物にあります。この植物には、女性ホルモンのエストロゲンに似た性質を持つイソフラボンが、大豆の40倍も含まれています。バストは乳腺と脂肪でできていますが、バストを大きくするには乳腺を発達させることが必要なのです。その乳腺を発達させるためには女性ホルモンの分泌を活性化させると良いと言われています。ですから、プエラリッチローズはバストケアに効果的なのです。

 

ところで、これだけ効果が高いと副作用などが気になりませんか。医薬品を始めとして、効果のきついものにはだいたい副作用がつきものです。少し調べてみただけでも、女性ホルモンを過剰摂取すると月経が乱れたり生理痛がひどくなったり、乳がんや子宮筋腫の可能性まで言われているではありませんか。しかし、これは杞憂に過ぎません。なぜなら、プエラリッチローズはプエラリアミリフィカだけでなく、ザクロ果皮・花エキスやカラスムギ穀粒エキス、ディオスコレアビロサ根エキスを絶妙なバランスで配合していますし、何より、プエラリッチローズは服用するのではなくバストに塗るだけだからです。ですから副作用の心配はありません。ただ、万一肌に合わずに赤身や腫れ、かゆみなどが現れた場合は使用を中止し、皮膚科専門医に相談してくださいね。